梅酒の作り方(造り方)とおいしい梅酒情報

国税庁醸造試験場

スポンサードリンク
■ 参考:国税庁醸造試験場

 国税庁醸造試験所が監修と編集をした「酒類の商品知識」という本の中でも、果実酒造りが紹介されています。
 また、インターネットでも、お酒の話として、PDFデータで公開されているので、参考までに読んでみるのもいいでしょう。(こちらは、レシピはありませんが)
 
 本に書いてある梅酒の作りかたは・・

 ・材料
  青梅1Kg
  焼酎甲類35゜1.8L
  氷砂糖400g
  あんず50g

 ・作りかたのコツ
  青梅は傷のない粒のそろったものを使う。
  あんずを入れると香り高い梅酒ができる。
  最低3ヶ月以上仕込んだ方がよい。



■ メモ

 国税庁醸造試験場
 http://www.nrib.go.jp/index.html
 
 <PDF>リキュール類
 http://www.nrib.go.jp/sake/pdf/SakeNo06.pdf
posted by ぷらむ at 15:58 | 梅酒の作りかた
梅酒の作り方(造り方)は簡単カンタンです。上手に合わせて寝かせるだけ。「梅酒」だけでなく、焼酎にいれれば梅酒のように好きなお酒を作ることができます。販売されているplum(plums)。紫蘇・酢・シソ・クランベリー・ざくろ・・・そのほか果物も。水で割ってもそのままでも飲み方は自由。一般には濃い目にできるので、割るのがいいでしょう。焼酎のアルコール度数もほどほどに。梅酒には日本酒をベースにしたものもあります。梅を日本酒に漬込みます。

梅酒といえば、チョーヤ(チョウヤ)さらりのさらりとした梅酒がチョー有名。さつま・梅酒・越乃 景虎・ごり梅酒・加賀・黒糖梅酒もおいしい。専門店なら梅酒屋が楽天で評判ですね。五代、萬歳楽、請福、新宿、麒麟山、月ヶ瀬、小正、角玉、あらごし、黒糖、湯豆腐、関西。カクテル風に割ってもいいですね。また香り付けとしてゆず・紅茶・レモン・宇治茶・緑茶なども定番かも。文蔵・青谷・百年・上等・立山・天狗舞。梅酒を楽しみたいですね。梅酒の作り方(造り方)レシピもあるので、カロリーを低くたいなら氷砂糖を抑えるなど、効能に気をつけて楽しく作りましょう。梅酒バーで粋に飲むのもいいかも。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。