梅酒の作り方(造り方)とおいしい梅酒情報

梅酒造りの心得

スポンサードリンク
■ 梅酒造りの心得

 梅酒はおいしい飲み物。
 どこの家庭でも、誰でもカンタンに作ることができます。
 カンタンなんですが、自分の好みに仕上げるのはなかなか難しいのも梅酒です。毎年の梅の実の出来もありますし、ちょっとした材料のさじ加減で、ガラッと好みから遠ざかってしまんですね。まぁ。そのあたりの奥深さも梅酒作りの醍醐味なんですケド。

 まずは、梅酒を造る心得から!

 梅酒はお酒です。醸造するわけではないのですが、漬け物の感覚で「梅をつける」考えは捨ててください。
 梅は「漬ける」のではなく「仕込む」です。
 これって、大事デスよ。

■ 仕込むんです!

 梅酒を作り始めたら、いつでも、梅を出すタイミングをいつも気にかけて下さい。これが「仕込む」ということです。梅を漬けさえすれば梅酒になるというものではありません。
 
 梅酒は、梅を購入するところから勝負が始まっています。
 飲むまでのことを想像して、梅酒作りを企画するんです。
posted by ぷらむ at 11:41 | 梅酒の作りかた
梅酒の作り方(造り方)は簡単カンタンです。上手に合わせて寝かせるだけ。「梅酒」だけでなく、焼酎にいれれば梅酒のように好きなお酒を作ることができます。販売されているplum(plums)。紫蘇・酢・シソ・クランベリー・ざくろ・・・そのほか果物も。水で割ってもそのままでも飲み方は自由。一般には濃い目にできるので、割るのがいいでしょう。焼酎のアルコール度数もほどほどに。梅酒には日本酒をベースにしたものもあります。梅を日本酒に漬込みます。

梅酒といえば、チョーヤ(チョウヤ)さらりのさらりとした梅酒がチョー有名。さつま・梅酒・越乃 景虎・ごり梅酒・加賀・黒糖梅酒もおいしい。専門店なら梅酒屋が楽天で評判ですね。五代、萬歳楽、請福、新宿、麒麟山、月ヶ瀬、小正、角玉、あらごし、黒糖、湯豆腐、関西。カクテル風に割ってもいいですね。また香り付けとしてゆず・紅茶・レモン・宇治茶・緑茶なども定番かも。文蔵・青谷・百年・上等・立山・天狗舞。梅酒を楽しみたいですね。梅酒の作り方(造り方)レシピもあるので、カロリーを低くたいなら氷砂糖を抑えるなど、効能に気をつけて楽しく作りましょう。梅酒バーで粋に飲むのもいいかも。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。