梅酒の作り方(造り方)とおいしい梅酒情報

しぼり梅酒

スポンサードリンク
■ しぼり梅酒


*数量限定* しぼり梅酒 500ml


 梅酒は家庭でもカンタンに造るのことのできる、割とお手軽なお酒です。

 ベースとなるお酒(ホワイトリカーなど)を用意して、梅と甘味料を合わせればいいのですから、材料があれば、今日からでも造りこめます。

 この方法では、「梅を漬けて」梅酒にしていることになりますよね。では、「しぼり梅酒」とは、どういう梅酒なのでしょう?

 なんでも、旨味を“しぼり”取った、梅酒とのこと。
 梅酒好きには、たまらないニュアンスを含んでいます!

 味の凝縮している梅の実に圧力をかけて、旨味を引き出しているのです。味わいは濃厚で複雑。

アルコール度数を19度。高めになっていますが、これが相まって、充実した味わいになっているようです。味が濃いだけではなく、酸味もしっかりあるので、飲んで感じがくどくないところがいかにも梅酒ですね。。

 こういう梅酒は、ロックで飲むのが一番合います。

 数が少ない(今現在で20個)ので、欲しい人は急ぎましょう。
タグ:しぼり梅酒
posted by ぷらむ at 09:58 | おいしい梅酒
梅酒の作り方(造り方)は簡単カンタンです。上手に合わせて寝かせるだけ。「梅酒」だけでなく、焼酎にいれれば梅酒のように好きなお酒を作ることができます。販売されているplum(plums)。紫蘇・酢・シソ・クランベリー・ざくろ・・・そのほか果物も。水で割ってもそのままでも飲み方は自由。一般には濃い目にできるので、割るのがいいでしょう。焼酎のアルコール度数もほどほどに。梅酒には日本酒をベースにしたものもあります。梅を日本酒に漬込みます。

梅酒といえば、チョーヤ(チョウヤ)さらりのさらりとした梅酒がチョー有名。さつま・梅酒・越乃 景虎・ごり梅酒・加賀・黒糖梅酒もおいしい。専門店なら梅酒屋が楽天で評判ですね。五代、萬歳楽、請福、新宿、麒麟山、月ヶ瀬、小正、角玉、あらごし、黒糖、湯豆腐、関西。カクテル風に割ってもいいですね。また香り付けとしてゆず・紅茶・レモン・宇治茶・緑茶なども定番かも。文蔵・青谷・百年・上等・立山・天狗舞。梅酒を楽しみたいですね。梅酒の作り方(造り方)レシピもあるので、カロリーを低くたいなら氷砂糖を抑えるなど、効能に気をつけて楽しく作りましょう。梅酒バーで粋に飲むのもいいかも。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。